スタッフBLOG

ピンク色の睡蓮 咲いてます♡

こんにちは~( ´ ▽ ` )ノ

 

早いもので 7月も残すところ一週間を切りました🌻

私だけでしょうか?

年齢を重ねる毎に 月日の流れが早く感じられるのです(切実)

そんな私の ここ数年の心得。

『一日一日、今日という日を大切に。

        あたりまえのような日常に感謝を。』

 

さて、屋島店の玄関先で 皆さまをお出迎えしている睡蓮の花。

ご覧になっていただけたでしょうか?

この度、ピンク色の花も咲き始めました♡

 


 

以前お伝えした白い睡蓮とは また違った魅力があり

鮮やかなピンクと黄色のコントラストは目を引きます。

んんん~💕愛らしいっ(*´ェ`*)💕

腕のある和菓子職人さんが、こんな上生菓子 作ってそうですよね❁¨̮

 


  

あ、やっぱり作ってますね。芸術品っ✨

  


 

どんどん新しい蕾が伸びてきています。

 

・。♪*( *´꒳`* )ルンルン♬で 手入れをしている私に

「キレイね~」と お声をかけてくださるお客様。

写真を撮って帰られる方もいらっしゃいました。

ありがとうございます。

私の好きな花を皆さまに愛でて頂き、嬉しい限りです。

 

 

先日、睡蓮と蓮の花を観賞すべく 某庭園に出向いてまいりました。

ギンギラの真夏日でしたが 暑さも紫外線も忘れるほど素晴らしく

感激しましたので、この場を借りて お伝えさせて頂きますね。

私の趣味に しばしお付き合いくださいませ♡

 

睡蓮池。白、淡いピンク、ビビッドなピンク

淡い黄色、薄紫色の花が たくさん咲いていました。

 


  

クロード·モネが生きていたら、この風景を描いて欲しいな···

そんなことを想いながら眺める私。

 

後に、奇跡の1枚となる写真を撮られていたことに気付きます。。。

友人:「ちょっ···これ、アンタ頭に花咲いとるわー(笑)」

  

えー··· ハイ、次。本命の蓮池。

広大な敷地にこれでもかっ!!てくらい広がる蓮の葉。

見渡す限り蓮、蓮、蓮。んー···蓮、蓮、蓮。

 


  

花期が長いので 散っているものもあれば

まだ蕾のものも。

水面から2mを超えるほど伸びた茎と大きな葉。

花は私の顔より大きいです。白と淡いピンク。素晴らしく綺麗でした。

蓮の花は 咲くと4日ほどで散ってしまいます。

 


 

花弁が散った後は ↑この写真のように、シャワーヘッドみたいな

蜂の巣の形をした花托の中に「蓮の実」が確認できます。(コレ食べれます)

  

蓮は花言葉も素敵なんですよ~✨

「神聖」 汚れなく尊いこと。清らかで冒しがたいこと 。

「雄弁」 人の心を動かすように 力強くよどみなく喋ること。

「清らかな心」 ···そのままですね♪

 

蓮は泥水が濃ければ濃いほど、大輪の花を咲かせます。

真水のような綺麗な水だと 蓮は立ち上がってきません。

泥の中にありながら清く気高く咲く。

 

泥とは、人生になぞらえれば 辛いこと、悲しいこと、大変なこと。

立ち上がってきた蓮の花は 汚れた泥に全く染まることなく

ただひたすら 崇高に美しく咲いています。

人生も同じかというと 決してそうではなく

苦しみに耐えられず、飲まれてしまうこともありますよね。

どんな苦しみの中でも その泥を突き抜け立ち上がることができれば

清く美しい、尊い花を咲かせることができるのだと思います。

  

人は、悲しいかな 病気になって初めて 健康のありがたさに気づく。

大事な人を失って初めて その存在の大切さ、命の儚さと尊さを知る。

本当は 何もない淡々とした日常の中にこそ

幸せを感じることができるといいんですけどね。

 

劣悪な環境であっても、美しい花を咲かせることができる

蓮の花のような人生を歩んでいけたらな、私も。

···と想う今日この頃。

  

柄にもなく、真面目に語ってしまいました。。。

もはや 悟りの境地❗笑

ちなみに私は無宗教です(`・ω・´)ゞ

 

最後までお付き合い頂き ありがとうございました✨

 

『一日一日、今日という日を大切に。

        あたりまえのような日常に感謝を。』

 

今日はどんな幸せを見つけようかな~♬*゜

 

 
                                                            from 屋島店

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

◆ネットでのご予約はこちら◆

Yahoo!ダイニングで予約する

instagram
ページ上部へ戻る